結婚式での絶対失敗しないカメラ設定【プロカメラマンが解説!】

神戸メリケンパークオリエンタルホテル

神戸メリケンパークオリエンタルホテル

 

結婚式でのカメラ設定はどうすればいいの?

という疑問にお答えします。

 

こんな記事[もくじ]

 

カメラでの写真撮影での基本の設定

 

まず一眼レフやミラーレスといったカメラには、いろんな撮影の設定やモードがありますね。

ややこしすぎて初めて使う人にとっては嫌になるくらい ((+_+))

基本的な設定項目を見ていくと、

  • 撮影モード
  • AFモード
  • ドライブモード
  • 感度[ISO]、ホワイトバランス
  • 画像サイズ

といったものがよく使う代表的なものかと。

 

ほとんどの人が買ってきてそのままのオートモードで撮影しているんじゃないでしょうか。

逆に画像サイズなどはスマホなどと同じなので簡単に設定ができますよね。

 

でも上の5つの中でかなり重要なものは、

  • 撮影モード
  • AFモード

この2つさえしっかりと理解、設定できていれば写真の撮影はほぼ成功したと言ってもいいでしょう♪

では5つの項目ごとに詳しく説明してきますよ!

 

芦屋 ベリーニ

芦屋 ベリーニ

 

結婚式で使う撮影モード

 

撮影モードは一眼レフなら、上の部分の丸いボタンを回すことによって設定できるタイプのカメラが多いです。

逆にコンデジなどの安いモデルでは、撮影モードが選ぶことができないものもあります。

カメラにもよりますが、プログラムオート、マニュアル、シーンセレクションなどなど使いきれないほどモードがあります。

 

でも結婚式のスナップ写真では下の2つのモードでOK!

  • S:シャッタースピード優先モード
  • A:絞り優先モード

これ以外使う必要なし (^^♪

P:プログラムオートも便利ですが、このページを読んだ後ならせっかくなので S か A モードで撮影に挑戦してみて下さい♪

S:シャッタースピード優先モード

まずシャッタースピード優先モードは被写体が動くときなど、ブレさせたくない場合に使います。

簡単に言うとシャッタースピード固定して撮影するモード。

挙式や披露宴など、室内の撮影に向いていますよ。

シャッタースピードは1/100~1/150くらいに設定しておけば大丈夫。

 

A:絞り優先モード

絞り優先モードは絞りを開いてできるだけ背景をぼかせたい時や、画面の隅々までピントを合わせたい時に使います。

絞りはいわゆるF値というもので、

  • F値が小さい ⇒ 絞りが開いている ⇒ 背景がぼける
  • F値が大きい ⇒ 絞りが閉じている ⇒ 背景がぼけない[ピントが全部に合う]

背景をぼかした人物のアップなどは絞りを開く。[F2.8~4]

集合写真などはしっかりピントを合わせたいので絞りを閉じる。[F8~]

簡単に言えば、絞りを自分でコントロールできるモードになります。

 

この2つのモードを使いこなせれば、結婚式だけじゃなくてどんな撮影も十分にこなせますよ♪

 

FUNATSURU KYOTO KAMOGAWA RESORT

FUNATSURU KYOTO KAMOGAWA RESORT

 

結婚式の写真撮影で使うAFモード

 

AFモードもいくつか設定できますよね。

動くものに勝手にピントを合わせてくれるものなど一見便利そうですが、ウェディング撮影では使わないです。

ノーマルのAF-S[シングルAF]がベスト。

シャッターボタン半押しでピントをロックしてくれる、フォーカスロックをつかうのも必須です♪

あとAFエリアは中心の1点のみのシンプルなモードで撮影しましょう。

ドライブモード

 

ドライブモードは連写したり、セルフタイマーにしたりする機能ですが、一枚ずつ撮影するノーマルモードでOK。

下手に連写を使うとカメラの寿命を縮めるので、一枚一枚大事に撮影するほうがいいですよ♪

 

ウェディングの写真撮影での感度[ISO]、ホワイトバランス

 

感度が低いほど画質が良くて、高くなるにつれて画質が悪くなってきます。

シーンに合わせて自分で感度を変更するのが一番いいんですが、めんどくさいし変更するのを忘れちゃう (^^;

なので感度[ISO]はオートで十分です。

ホワイトバランスに関してもオード以外使わないほうが絶対きれいに撮影できます。

 

レストラン Knaben

レストラン Knaben

 

結婚式の写真撮影に最適な画像サイズ

 

一眼レフタイプのカメラであれば、

  • RAW
  • LARGE JPEG
  • SMALL JPEG

などいくつかのサイズが選べますよね。

 

自分の好きなサイズでいいんですが、RAWで撮影するのは基本的にスナップ写真にはあまり向いていないかと。

理由はデータが大きすぎること。

現在のカメラでは大量に撮影する場合はRAWデータは不向きですね。

なのでJPEGが一番いいです。

長辺が3000~4000ピクセルあれば十分きれいなプリントができるので、メモリーカードの容量と相談してサイズを決めるといいですよ♪

 

そのほかの設定

 

そのほかにもこまごまとした設定がありますね。

でも上で紹介した以外は基本デフォルトで十分でしょう。

あと一眼レフならコントラストやシャープネスを設定できると思うので、1段か2段上げておくといいですよ♪

ほかにも顔検出、スマイル検出といった一見便利そうなものも付いているんです。

でも余計なものはできるだけ使わないことが大事 (^^♪

要らない設定があるとAFが遅れたり、どこにピントが合うのか分からなかったりしますから。

 

北野クラブ

北野クラブ

 

結婚式の写真撮影の最適な設定まとめ

 

今回は挙式や披露宴でのスナップ撮影に最適な設定を紹介しました。

最後に簡単にまとめると、

  1. 絞り優先モードかシャッタースピード優先モード
  2. AF-S[シングルAF]
  3. 余計な機能はできるだけ使わない

ということ♪

 

私が仕事でいろいろと撮影するときも、基本的に上の機能しか使わないです。

子どもの運動会などの撮影でも、コンティニュアスAFサーボといった動く被写体にピントを合わせ続けるようなAFは特に使わなくても十分撮影できます。

意外にプロとして撮影しているカメラマンでもカメラ設定はほんとにシンプル。

撮影の途中でほとんど変えない人が多いです。

絞り優先モードとシャッタースピード優先モードだけ理解して使いこなせれば、カメラのほかの機能を使う必要は全くないんです♪